日本の未来

グローバル化に邁進する日本の未来に危機感を抱く者です。歴史認識を正して日本人としての誇りを培いたいと願っています。体験にもとづく本音トークも交えます。

世界最古の国である日本(ギネス認定)


天皇系譜に基づく日本の歴史が、世界最古のものである」ということは、漠然と知ってはいましたが、あまり深く受け止めていませんでした。けれどこのことを、一度、全国民が明確に認識すべきだと、最近考えるようになりました。

きっかけは、ヤフーニュースで、「〈建国記念〉の自覚を、日本人はわずか2割しか持っていないのに対して、米中では、9割以上が持っている」という記事を見たことです。

これについては、桜チャンネルの大高未喜氏も、【魔都見聞録】日本の20代は捨てたもんじゃない!国護り演説大会[桜H27/2/16] の中で、産経新聞で同様の記事を読んで嘆かわしく思った旨を、述べていました。

けれども、それで終わってはなりません。最新の【討論!】日本の良さって何だ![桜H27/2/14]の中でも、このことが取り上げられています。 そもそも最初に書いたとおり、日本に匹敵するほどの長い歴史と伝統を有する国は、世界中のどこにもないのです。日本は、その意味では、オンリー・ワンにしてナンバー・ワンなのです。


そこで、試しに各国の建国記念の年を、思い浮かべてみました。高校時代に世界史で覚えたものです。イギリスについては諸説あり、調べたものを書いてみます。


日           紀元前660 年

米   イギリスより独立    1776 年
仏   フランス革命       1789 年
中  (中華人民共和国)     1949 年

英                   1066 年 (根拠不明)
-----スコットランドと合併    1707 年
----- 現在の領土域       1921 年



そうそうたる国々の建国の歴史が、意外なほどに浅いことが分かります。国民の7割なり9割が、建国記念を認識していて当然のような気がしてきます。

歴史年表で、紀元前から同じ幅、同じ色の帯が延々と続いているのは、唯一日本だけなのです。

しかも、アジア、アフリカのほとんどの国にとっては、「独立記念」であって、「建国記念」ですらないのです。


こう考えると、我が祖国日本は何とすばらしい、誇らしい国か!と感動さえ覚えます。


と ころが、ご承知の通り、これは表向きです。日本は確かに「独立記念日」ではなく「建国記念の日」をお祝いしています。・・・ここで、2013年に「主権回 復記念日」などというものが大々的に祝われたことを思い出しましょう。憲法改正の序章とする意味合いがあったのかもしれません。でもこれに対して、西部邁 氏は、「主権回復祈念日」に改めるべきだ、とおっしゃったものです。

表向きは、植民地支配をした側ではあっても、された側ではない、という国家観がまかり通っていますが、現実を直視すれば、日本は未だ真の独立国家ではないのです。裏で、植民地支配をされ続けている国なのです。
下記の動画では、そこにまで言及がされていません。


もう一つ重要なこととして、天皇の存在」が日本史の鍵を握るということを、ここで確認せねばなりません。

天皇制(皇室を国の象徴的な存在として尊重すること)に対しては、老若男女を問わず、疑問視する人達がいます。私自身は、動画〈B〉の言わんとするところにシンパシーを感じる面もありますが、まだ立場が明瞭ではありません。

いずれにせよ、もしも天皇制廃止論に立つならば、日本の歴史はそこで一旦終点を迎えることとなります。全く新しい日本史が始まることとなるのです。逆に言えば、世界に誇る歴史と伝統は、一瞬にして消滅してしまいます。

ここのところを、国民はどう考えるのでしょうか?フランスの国民は、過去をどのように考えているかということも気になりますが、彼の国の国王と、日本の天皇を同列に考えることはできないとも思います。

このことは、憲法にも繋がるものですし、近い将来、国民的課題として真剣に考えねばならないように思います。ブログも含めて、陰で不平不満を言ったり、中傷したり、軽視したり、している人々がいるのを承知していますが、皇室の方々にその役割を継承していただく以上、国民からは、熱狂する必要はないにせよ、敬愛の念を向けることが当然であろうと思います。


〈A〉ギネス認定!世界最古の国は?

https://www.youtube.com/watch?v=UIvOCeYJkRo



〈B〉映像制作会社が作った 世界一長く続いている国【日本】

https://www.youtube.com/watch?v=Eq4dJjB0CjU