読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の未来

グローバル化に邁進する日本の未来に危機感を抱く者です。歴史認識を正して日本人としての誇りを培いたいと願っています。体験にもとづく本音トークも交えます。

アメリカン・スナイパー《愛国心という幻想》


『アメリカン・スナイパー』が、アカデミー賞音響編集賞に輝きましたね。興行収入が、全米で『アバター』以上だとか、『プライベート・ライアン』越えだとか。

ストーリーの紹介を、簡潔にすると、

「アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負っていく...」

というものです。

主 演のブラッドリー・クーパーは、実にいい味を出していました。ヒーローと呼ばれた男の、生い立ちから死に至るまでが、丁寧な心理描写で綴られています。イ ラクでの戦闘シーンからは、緊迫した空気が伝わってきました。クリント・イーストウッド監督の力量を改めて感じました。

初めてイラク住民 に銃口を向け、自らの手で殺(あや)めてしまった時の心理状態・・・イラクの少年が道に落ちている銃を手にした時「それを手放せ!」という無言の叫 び・・・傷ついた仲間への同情から戦いを放棄できなくなり戦場へと駆り立てられる様子・・・帰還して子供と過ごしている場で偶然再会した、かつて窮地から 救ってやった米兵から「あなたは英雄だ」と謝意を述べられた場面での誇らしさ・・・あまりにも多くの人々を殺害し、いつ自分も死ぬか分からない爆音の中で 長期間過ごし、凄惨な場面に自分を置き続けた結果、精神が蝕まれ(PTSD=心的外傷後ストレス障害)、それから逃れるために負傷兵たちの支援活動に身を 投じる姿・・・いろいろな場面が実に印象的に蘇ってきます。

単なるヒーロー映画でもなければ、戦争賛美ではもちろんありません。

け れども、「なぜあなたは戦うのですか」という問いに対して、主人公が口にするのは決まって、「アメリカと家族を守るため」という極めて単純な答えなので す。まるで1つ覚えのように・・・これって「お国のため、家族のために命懸けで戦った」私たちの祖先と、どう違いますか?

この映画の中で は、イラク戦争の是非を問う、という視点は全く出てきません。マット・デイモンの『GREEN ZONE』では、《そこは、偽りに支配された安全地帯》と いうキャッチフレーズにも現れているとおり、ブッシュ政権の虚偽への抗議が明確に打ち出されていました。「あなたたちにこの国のことを決めさせない」とい うイラク市民の思いを、強く伝えていました。

ですからそれと比較しながら『アメリカン・スナイパー』を見ると、米国軍の兵士や家族にばかり焦点が当たっているような気がして、全面的には感情移入ができませんでした。

最後の葬列の場面では、画面いっぱいに星条旗が翻ります。「やはりアメリカ万歳で締めくくったな・・・」という感想を抱かずにはいられませんでした。

劇場のあちらこちらで、すすり泣きとまではいかないにせよ(中には泣いている人もいました)、ヒューマンドラマの感動の余韻に浸っている様子が伝わってきたのですが、私自身は、かなり冷めた気持ちでした。

「アメリカン・スナイパー」を観て、吉本隆明氏の「共同幻想論」という言葉を思い出したのは、私だけでしょうか?

共同幻想論」について、端的に説明すると、次のようになります。


個人主義の発達した現代でも、自己幻想は愛国心ナショナリズムと言う形で、共同幻想に侵食されている。共同幻想の解体、自己幻想の共同幻想からの自立は、現在でもラジカルな本質的課題であると吉本は指摘している。〉


国 民の共同幻想を利用する国家の上層部、あるいはその背後にある勢力の思惑によって、国民は操られているのです。1人ひとりに、生い立ちがあり、家族があ り、愛があり、信念や信仰があり(あるいはそれすら蝕まれ)、いずれにせよ人間としての魅力があるのですが、それらをひっくるめて、「戦争」という破壊行 為に巻き込む、世にも恐ろしく邪悪な勢力が、存在するのです。

この映画を見終わったとき、「愛国心共同幻想だ」と強く思いました。けれ ども、ひとつの国家を存続させるには、何らかの共同幻想が必要不可欠であるとも思います。何万人、いや何億人という個人を束ねる国家という巨大な組織を存 続させるためには、とてつもない引力、指針が必要となるに決まっているではありませんか。しかしそれを「戦争」という魔物に委ねるべきでは絶対にありませ ん。

その意味で、この映画は、「最後の詰めが甘かった」と言わざるを得ません。
それゆえに、映画評論家の町山智浩氏も指摘するように、全米で論争の的となったのです。

町 山氏は、「原作とは違い、クリント・イーストウッド監督によるこの映画は、カイルもイラク戦争も賛美してはいない」と述べていますが、では「カイルも、彼 を殺した帰還兵も、米兵とその家族たちも、イラク人たちも、みんな戦争の犠牲者だ」というメッセージが、痛切な感動と共に残り、このような戦争を引き起こ した勢力への怒りを喚起する映画だったでしょうか。

私にはそうは思えませんでした。