読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の未来

グローバル化に邁進する日本の未来に危機感を抱く者です。歴史認識を正して日本人としての誇りを培いたいと願っています。体験にもとづく本音トークも交えます。

【「積極的平和主義」の本来の意味】に納得

日蓮宗系と見られる僧たちが、「安倍政権を呪い殺す」呪殺祈祷僧団(JKS47)を結成したという記事を読み、ふと気になって、カトリック新聞のオンラインを見ると、記事として留めておきたい見解を見つけることができましたので、ご紹介します。



カトリック新聞オンライン

「積極的平和」主義とは?

http://www.cathoshin.com/2015/08/28/johangaltung/

August 28, 2015



日本はどう国際平和に貢献すべきか―。

一般社団法人国際平和映像祭の招きで、「平和学」の父として知られるノルウェー生まれのヨハン・ガルトゥング博士(84)が来日、8月19日、東京都内で行われた、ジャーナリストの田原総一朗さんとの“スペシャル対談”に登壇した。

ガルトゥング博士は、1959年、世界初の平和研究専門機関「オスロ国際平和研究所」(PRIO)を創設。約60年間に世界100以上の国家間や宗教間の紛 争調停を行ってきた経験を持つ。「平和学」の第一人者で、「積極的平和」という考えを提唱し、「平和」の理解に画期的な転換をもたらした人物だ。

同博士によれば、「平和学」における「消極的平和」とは「戦争が無い状態」で、「積極的平和」とは「貧困、抑圧、差別などの構造的暴力が無い状態」のことを指す。

安倍首相が、安全保障関連法案(安保法案)の答弁で「積極的平和」主義を連呼していることに対して、ガルトゥング博士は“スペシャル対談”で、本来の「積極的平和」の意味とはかけ離れていて、全く違う意味で使われていると、こう指摘した。

「『積極的平和』には、軍拡も軍事同盟も必要ありません。必要なことは、近隣諸国への理解や共感を伴った協力関係です。日本の安保法案で得られるのは、安全ではなく危険。日本が米国と連帯した場合、日本もテロのターゲットになることは間違いありません」

米国はこれまで、世界で最も多く他国への軍事介入をしてきたが、その方法として常に「対話ではなく軍事行動(破壊と殺害)」を選択してきた。テロリストと話 し合うことをせず、ただテロリストを殺害してきた結果、テロリストの数は10倍に増え、ISIS(自称「イスラム国」)を生み出すことになった、と同博士は説明した。

粘り強い対話を

ガルトゥング博士が紛争調停を行う時には、「対話」から始めるという。過去の出来事や、相手への否定的な感情や見方を“横に置いて”、まず「理想の未来」について肯定的な姿勢で語り合う。こうした対話を20回ほど重ねる。そして「理想の未来」を 実現するための名案を出し合う。同博士は現在、ISISともインターネット電話を使って対話をしているという。

「日本が安保によって、米国と運命を共にすることで、相手国の復讐(ふくしゅう)の意識は高まり、軍拡も激しくなるでしょう。日本が、本当の平和政策を取っていくために、オルタナティブな(第3の)道を提案したいと思います」

こう話したガルトゥング博士は次のような方法を挙げた。

(1)EC(欧州共同体)をモデルに「東アジア共同体」をつくる。

(2)スイスをモデルに専守防衛を真剣に考える。

(3)国際的に価値がある「憲法9条第1項」を、世界に広めるリーダーとなる。同第1項=「(略)国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段として、永久にこれを放棄する」。

(4)領土問題は、「領土」を両国で共同管理することで解決していく。


一 方、“スペシャル対談”の相手を務めた田原さんも、安保法案は違憲だと考え、さらにその内容にも反対であると明言。また近隣諸国と友好関係を築くという点 では、ガルトゥング博士の意見に賛成しながらも、「経済システムも違い、言論の自由がない国とどのように対話をするのか。東アジア共同体の構想は無理だ」 と真っ向から反論した。

これを受け、ガルトゥング博士は、相手国への否定的な感情や見方を捨て、粘り強い対話を続ける必要性を一貫して説いていた。



* オルタナティブ ・・・  二者択一。代替物。代案。 既存のものと取って かわる新しいもの。