日本の未来

グローバル化に邁進する日本の未来に危機感を抱く者です。歴史認識を正して日本人としての誇りを培いたいと願っています。体験にもとづく本音トークも交えます。

政府は必ず嘘をつく   マスコミが嘘を拡大する

 

各国政府は、国民をいとも簡単に騙して、富と権力を握る一部の者たちに都合のよい政策をとっていることを、国民ははっきりと知らなくてはなりません。

日本も、民主主義だ、主権在民だなどという言葉に踊らされたり安住したりしていてはいけないのです。デモクラシーを飲み込むコーポラティズムの存在を認識する必要があるということです。

2年以上前の動画ですが、今現在でも知るのに決して遅くはない内容ですので、ご紹介します。


政府は必ず嘘をつく

https://www.youtube.com/watch?v=90oikVp8mKk

2013/02/12 に公開

政 府も多少は嘘をつくだろう、くらいに考えては間違いを起こしそうです。政府とは大々的に嘘をついて民衆を支配してきた組織だと言えるのです。今の時代、こ の大嘘をどれだけ多くの人々が見抜くことができるかどうかが問われています。また、嘘は近年だけに始まった話ではなく、長い歴史に中にもたくさんあること が明らかになりつつあります。




コーポラティズムとは?

(解説 三橋貴明氏)

「グローバル企業の会社や株主が政府と結びつく

そして、民主主義に反した政策で、彼らの利益をあげる仕組み」



コーポラティズムをやるためには、民主主義が一番邪魔

民主主義を動かすには、マスコミに対する影響力を高めることが重要

そのために、スポンサーを押さえる



(具体例の解説 堤未果氏)

アメリカの大企業は、イラクを壊して、アメリカの会社にインフラを発注してボロ儲けをした

戦争をやることで、どこが儲けるかをフォローすれば、全てがつながって見えてくる



コーポラティズムという言葉について、もっとよく知りたいと思い、調べたところ、かなり込み入った説明がありました。十分に理解するには、さらに勉強せねばならないと思いましたが、上記の三橋氏の説明とつながる部分を見つけたので、記しておきます。

ウィキペディアより)

利益集団が政策過程に組み込まれる度合いが高いほど、コーポラティズム度は高く位置づけられる。




日本政府が国民についた(ている)嘘


福島第1原発に関する発言

 「メルトダウンはしていない」
 「直ちに健康に害はありません」

TPP

 ★ISD条項について、明示されないまま、経済効果ばかりが強調されている 

 《ISD条項に基づく訴訟の結果》  

  カナダ(28件)メキシコ(19件)は、米企業に対して、全敗、全て賠償

  アメリカ(19件)は、両国企業の訴えに対して、全勝、賠償ゼロ

  ーーー投資紛争解決センターであるから、判決は、国民に      とってとか環境にとってが基準ではなく、非常に企業     よりになる
     しかもこれは密室裁判で、控訴は認められない

 ★今後、遺伝子組み換え食物を規制や拒否ができなくなるはず

 ★投資・保険・金融・医療 等についてのさまざまな危険性   は、問題にされない     
  日本にとって、不利な状況がつくられていくはず


 ★財界のみが情報を持っていて、国会議員すら中身を知ってい  ない

  ★マスコミが乗っ取られるおそれもある