読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の未来

グローバル化に邁進する日本の未来に危機感を抱く者です。歴史認識を正して日本人としての誇りを培いたいと願っています。体験にもとづく本音トークも交えます。

【北朝鮮の危機は日本の危機】と認識せよ!

 

北朝鮮核兵器を既に手にしてから、ジタバタするのは如何なものでしょう。なぜもっと初期に、力づくでも阻止しなかったのでしょうか。この期に及んで、なぜアメリカが本気度を増したのでしょうか。

これまで外交努力で解決しなかったのは当たり前です。独裁体制の是非はともあれ、少なくとも日本とは違って北朝鮮は「主体思想」を打ち出し、「自主(政治)・自立(経済)・自衛(国防)」を目指して国家を築いてきたからです。

経済制裁と軍事威嚇は同じではありません。北朝鮮を動かして核を放棄させるですって?日本にはそんな力は微塵もありません。ただアメリカの尻馬に乗っかっているだけです。安倍首相がトランプ大統領を高く評価したですって?笑っちゃいます。

今や日本は、北朝鮮の核の前に、ひれ伏すしか能がないのです。独裁者の一存で、数十万、数百万の日本人が、一瞬にしてあの世行きなのですから。東京都がやられたら、それこそ国の機能が完全に麻痺してしまいます。追い込まれた北朝鮮が、日本を道連れにしない保障はありません。

アメリカが、それに対して報復してくれるという保障もありません。なぜなら、核攻撃に対して核で報いるなら、その連鎖たるや、地球規模での破壊と死をもたらすほどの、地獄そのものになるからです。

アメリカが、この期に及んで本気になったのは、北朝鮮の技術が急速に進歩し、核ミサイルの脅威が米国本土に及びかねないからに他なりません。ここでも「アメリカ・ファースト」の域を出ないのです。世界平和のためなどではないし、ましてや日本の安全のためでは、決してありません。

アメリカのレッドラインが何かなど、本来日本にとってはどうでも良いことのはずです。日本の安全保障は、すでにガタガタなのですから。日本は、核の脅威のど真ん中にずっといるのです。周辺諸国及び米軍基地の核の脅威の中で、我々の生活は何十年も営まれているのです。

アメリカの核の傘など、存在しません。今、我々が考えるべき、為すべきことは何でしょうか。日本全国の国有地売却の不正を暴くことより、東京都の市場をどうするかより、何より優先すべきは、日本の核武装を検討することなのです。

アレルギー反応を起こしている場合ではありません。あらゆる誤魔化しを払拭して、真実を直視せねばなりません。核廃絶に命を賭けるのか、核保有で命を守るのか、たった今、日本国民はどちらかに態度を決めねばならないのです。





【国会】北朝鮮を守る議員の「戦争するなとアメリカに言え!」発言に安倍首相も失笑…日本の野党は朝鮮人の手先なのか

https://www.youtube.com/watch?v=QFW4LSz6hmo

2017/04/28 に公開



西岡力 メディアが報じない朝鮮半島が及ぼす本当の危機を暴露!20170426 #西岡力 #水島総

https://www.youtube.com/watch?v=zLyVGgiU-lI

2017/04/27 に公開