読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の未来

グローバル化に邁進する日本の未来に危機感を抱く者です。歴史認識を正して日本人としての誇りを培いたいと願っています。体験にもとづく本音トークも交えます。

軍事衝突は避けられない!!


「核の武装解除を求める米国と、核保有の認知を求める北朝鮮の立場は、水と油であるから、軍事衝突は避けられそうにもない」という辺真一氏の分析を、前回取り上げました。



これは、4月16日の拙ブログ「日本人は座して死を待つしかないのか?」で、書いた次の分析に通じるものです。

今後のシナリオとして、あれこれ取り沙汰されていますが、
総合的な判断をするなら、戦争を回避する形での問題の根本的な解決法は次の二通りのいずれかです。

【1】米露をはじめとする核保有国がすべて核廃絶を実行する。
【2】北朝鮮を独立国家として認め、核保有を認める。(場合によっては朝鮮半島の統一を北主導で進めることを認める。)


あまりにも単純な、根本的な真理です。もしも今、武力行使に歯止めをかけているのが「北の核所有」であるなら、そのような強大な保身の術を、北朝鮮が手放すはずがないではありませんか。

先日トランプ氏はマスコミの質問に対して、実に小馬鹿にした態度で、「北はいい子にしておくべきだ」などと軽くあしらいました。自分の小賢しい策略で世界が思いのままに操れるとでも思っているのか、と私は彼の態度に反感を抱きました。

安倍首相は、電話会談で「全ての選択肢がテーブルの上にあることを言葉と行動で示すトランプ大統領の姿勢を高く評価する」と伝え、海上自衛隊による米海軍補給艦の防護を行い、核・ミサイル開発を進める北朝鮮の挑発行動に対し、日米両国が連携して圧力を加える狙いを日本国民に対して強調しています。


この方向が、どのような結果をもたらすかは、想像に難くありません。国民一人ひとりが、シミュレーションせねばなりません。まさか自分たちに火の粉が降りかかることは無いに違いない・・・そのうち金正恩は自滅するだろう・・・北朝鮮の次の後継者は今のところいないのだから、国もろとも自滅するだろう・・・


北朝鮮の今後の動向には、中国とロシアが関わっているのは当然のことであり、この二国に対する国際社会の働きかけが、これから様々に展開されることでしょう。


但しその前に、最悪の事態として独裁者の怒りが頂点に達し、人類史上最も悲惨な核兵器の犠牲者に、またしても我々日本人が選ばれるかもしれません。そうならないことを願うばかりです。